流れ星とホットミルク

あ。ケンイツエンチョーが来た。

ホットミルクの差し入れだって。

ありがとう。リンくんがぼそっとつぶやく。

あ。おいしい・・・。

深夜2時。静まり返った、みどりテラス。

ブルブルブル。

おれのカラダ、ぴえっぴえ。

リンくんはこれでもかというくらいいろんなものを着込んで、首やおなかにぐるぐる巻きに布を巻き付けている。

おれにも一枚なんかくれよ。いつもの衣装じゃ寒すぎる。

ふたご座流星群がよく見えるとかいうニュースを見たリンくん。眠い目こすってむくっと起きて、意を決してみどりテラスに向かったんだ。本当はおれもねむねむだったけれど、ひとりじゃ心配だからと、あわててリンくんのあとを追いかけたってわけだ。そんなおれを見かねたケンイツエンチョーも、追いかけてきてくれた。エンチョーはゆったりと一服しながら。リンくんはカメラを構えながら。おれは、リンくんの手の中でぐっと寒さをこらえながら。3人で、静かに、みどりテラスで空を見上げる。

こんな風に、深夜の星空をしっかりと眺めたことはあまりなかったな。おれはお日さまやお月さまのことはよく眺めてきたけれど、お星さまは無数にありすぎて、なんだかどこを見ていいのかわからなくなる。今夜だって、そうだ。
広い広いひろーいお空の、、、ドッチを向いて眺めてたらいいのかな?って。
おれの視野の狭さを思い知らされる。

“広い広いひろーいお空の、、、ドッチを向いて眺めてたらいいの?”

・・・すぅっ。

リンくん、いまコッチ流れたよ。

おわっ。見逃した。

・・・すぅっ。

あっ!!!いまおっきいの、流れた!

ボブお、どだった?

ん。フシギだった!

うん。フシギだったね。

フワァーぁ。おれ、ねる。

うん。ねよか。私、寝る前になんか飲みたい。

あれ、ミルクもう一杯飲みたい?

ううん。ちょこっとお酒。あ。赤ワイン一口飲んでからおフトン行くね。

うん、早く来いよ。

はーい。おやすみ。

おやすみ。明日もお空、眺めよう。

ボブお

“流れ星、フシギだ”
いいね! Like! 0
読み込み中...

Rin(リン)

ぬいぐるみブロガー、Rin(リン)です。 ライオンのボブ家と愉快な仲間たち、そしてニンゲンのケンイツ園長と一緒に、みどりキャンプ場で暮らしています。 ボブ家の日常を、彼らの視点でつづっていきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。