初めてのお外メシ

なんで、こんなおっきなからだに生まれてきちゃったんだろ・・・。

前日の夜、アニキがつぶやいた。

さみしそうに。デッカイからだに似合わず、気弱な声で。

オマエにたくすよ。コロ。

アニキー。そんなさみしいこと言うなよ。ケンイツがさ、連れてってくれるっていってるよ?だって、明日は、大好きなおとっさんに会いに行って、その後、ステキレストランで、ケンパイするんでしょ。

うん・・・でも・・・。

・・・。

何言ってんだよ、ケンイツが、ちゃんとお店にお電話して、言ってくれてたよ。聞こえたもんね。

「バッグが少し大きいんですが、大丈夫ですか?」

みんなー。予約できたよ!個室だってよ、だからもっつも大丈夫だよ。

ほぉら。さすがケンイツエンチョーだろ。だから、行こ?アニキ。

・・・。

わっし、おっきいからさ。どうやって行くの?

はーいはいはい!わたしがおんぶヒモ買ってきて、おんぶするよ。それか、だっこヒモの方がいい?

リンくん・・・。それは、嫌です・・・・。。。

今朝。

ちょっと早く起きたリンくんが、パタパタ、パンパンってみどりテラスで何かをはたいてた。

しばらく使ってなかった、おっきな帆布のトートバッグを引っ張り出してきて。

もっつのバッグ。これで、行こか?

わっし、ホントに行っても、いいの?

だれがダメって決めたんだよー!行くぞーもっつ!

やった・・・!やったぁ。初めての、お外メシ。ケンイツエンチョー、すごいなぁ。ありがとう。ありがとう。

やったな、アニキ。はじめて一緒のお外メシだなぁ。三十うん年一緒にいるけど、はじめて、お外でゴハン食べるのなぁ。

良かったなぁ。オハナのみなさんと一緒に暮らすようになって、みどりキャンプのソファでお昼寝ばっかりしてたアニキだけど。

いろんなことがあったけど、アニキだって、お外でメシ、できたら、いいよな。

だって、オハナだもんな。オハナってのは、いつだって、一緒にいて、同じメシ食べて、同じうこするもんだ。そんで、いつだってぴっとし、離れない。それがオハナだろ。

な。良かったな、アニキ。

ころすけ。

“もっつ初のお外メシはなんとイタリアン。「つぼ焼ききのこスープ」”
“アニキ、良かったな。”

いいね! Like! 1
読み込み中...

Rin(リン)

ぬいぐるみブロガー、Rin(リン)です。 ライオンのボブ家と愉快な仲間たち、そしてニンゲンのケンイツ園長と一緒に、みどりキャンプ場で暮らしています。 ボブ家の日常を、彼らの視点でつづっていきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください